レイチェルのワンオペ育児
4歳と6歳の子供を育てている母レイチェルです。理系女子(リケジョ)ですが子育てと仕事の両立は理論通りにいかない事ばかりで毎日戦争です。そんな子育てに関連する事、また仕事に関連する事をブログにしてます。気軽に読んで下さいね。
働くママ

【今年度17ヶ月】ワーママにも大きな影響が!?急に子供の預け先がなくなる?

nursery

9月入学来年以降のスタート、つまりは『今年度は17ヶ月』という案が有力的な記事をまた見ました。毎日、何かしらこの関連の記事を見ますが、そもそも今年の9月に入学、新学期なんか無理だろうってほとんどの人が思っていただろうから『今年度は17ヶ月』になること前提に21年の9月入学、新学期の議論があったと思ってました。まさか今年の9月に実施しようとしていたとは!!

それはあまりにも無理でしょう。。。

今年度17ヶ月は後にも先にもないコロナ年

約半年、年度が延びるので、入試や卒業もそのまま半年スライドする様なスケジュールにはなると思うのですが、春休みや夏休みはそのままとすると8月の長期休みは学年の区切りにあって良いですね。

過去の記事に何度も記載してますが年中の娘の学年がどうなるかが一番の心配ではありますが。。。。1学年が1.4倍。。。考えただけでぞっとする。

http://reicherumama.com/archives/1921

しかしながら今年度は17ヶ月って、きっと過去にも後にもないコロナ年ですね。そして今年度17ヶ月になることで今年入学の息子君は1年生の春と夏を二回経験するということですね。こんな年は後にも先にもないのだろうと思います。そして今年はプールの授業がないかもしれないなとふと考えると、この先、プールの授業って実施されるのだろうか・・・なんて考えてました。

1年生の春、夏を2回。。。
まあ、ありだけどめちゃくちゃ貴重だ!

今年度17ヶ月、コロナ年のワーママへの影響

そして今年度が17ヶ月になることで、未就学児の問題はたくさんありますがワーママにとっても大きな問題があります。

現在、育休産休のママが4月から復帰しようとしても0歳児の保育園の受け入れ開始が9月からになる可能性があるというところです。この半年間で産休、育休の期間が終了される方もいらっしゃると思います。この期間をどの様にフォローして頂けるかこれからのお国の判断にはなるかと思いますが、会社は4月からが期首のところも多く、9月からの復帰ともなるとキャリアにも響くママさんは多いのではないでしょうか。

また0歳児だけでなく現在、待機児童のなっているお子様や小規模保育園などで保育園の転園を余儀なくされているお子様なども保育園の受け入れの空きが出るのが半年延びるというところで、キャリアプランの変更は必要になってくるかと思います。

特に小規模保育園などに関しては0歳児から2歳児のみの少人数で預かっている場合が多く、この場合3歳児の8月まで預かってもらう必要があります。そこの対応ができないとなると子供が3歳児の4月から8月まではどこも預け先がないという事態になりかねません。

でも学年の区切りが変われば問題ないのかな。。。

今から就職しようとするママでも9月まで空きが出ないとなるとそこからの就職活動ですのでこちらでも半年を延長したプランになりますね〜

今年度17ヶ月は子供にとって最善の判断であります様に

これから9月入学がどの様な判断になったとしても今から保育園に入れる予定の方や、保育園の転園を余儀なくされているワーママにとっては大きな問題ですよね。

今年度17ヶ月というのはこれだけニュースでも話題になっているのだから有力な案なのだろうからいつ判断されてもおかしくないとは思いますが子供にとって本当に良い判断であってほしいです。

教育の専門家の方々がこれだけ9月入学に賛成する理由としてグローバルスタンダードというのがある様ですが、目先のことだけでなく長い目でみて本当に良いのなら私たちはそれに合わせて動くだけですよね。