育児

鼻緒が痛い時はカバーが活躍!事前の対策も効果的!!

今日、会社の隣の女の子が

隣のおばあちゃんがうちの子(3歳)に草履を履かせろっていうんですけど、今時草履ってって思うんですよね

と言い出してたので

草履はめちゃくちゃお勧めよ!!
ミサトっ子の草履って今幼稚園とかでも指定の履物になってるぐらいなんだよ!!!

というと会社のワーママさんが全員

『ミサトっ子の草履?????』

という反応で意外に知られていないのね。と感じました。

ミサトっ子草履は良いけど鼻緒を痛がることが心配!

barefoot

ミサトっ子の草履は足の健康を考えて作られた天然素材の草履でめちゃくちゃ履きやすい草履です。天然のい草で出来ており、足にやさしく履き心地が快適で疲れにくいため、草履のまま遊べ全国の幼稚園などで指定の履物になっているほどです。

このミサトっ子の草履を会社のワーママさんに熱く語って見たところ

草履だったらサンダルで良いやんっって思ってたけど草履が欲しくなりました!!

とその場で購入しようとする人もいるぐらいでした。

ただ夏シーズンになると結構売り切れが出てきて欲しいデザインのものが買えなかったりするので要注意です。

草履で鼻緒を痛がる!!そんな時の対策!!

そんな中、小さいお子さんのママさんが一番心配しているのが草履の鼻緒のところが痛くなってずっと履いていられないんじゃないかというところです!

ミサトっ子草履が優秀なのはわかるけど、鼻緒ずれが心配で草履を履かすことに抵抗がありますよね。

確かに大人でも草履やサンダルを履いていると鼻緒のところが痛くなって歩きたくなくなってきます。

ミサトっ子草履でも鼻緒を痛がったらカバーがおすすめです!!

草履やサンダルの鼻緒に差し込むカバーというものがあることをご存知でしょうか??

草履やサンダル用のカバーですがこれを鼻緒のところに差し込んで後は普通に履くだけです!!

おすすめは鼻緒を痛がる前にカバーをしておくことで鼻緒を嫌がらないかと思います。

意外と種類あるんですね〜

ミサトっ子草履を購入したらすぐ鼻緒をほぐそう!

Sandals

ミサトっ子の草履は鼻緒をきつめに結んでいる様です。履く前にはよく草履の前部と後部を持って、表側(鼻緒の側)に数回強く曲げたり、鼻緒の左右をつかみ広げ、鼻緒をふっくらさせたりなど、よくほぐすことで履いた時のきつさがなくなる様です。

さらに定期的に鼻緒をほぐすことと最初から長時間履くのではなく徐々に履く時間を長くすることで鼻緒が足に馴染んでいく様です。

よく鼻緒をほぐした後は、履くまで草履と鼻緒の間にタオルなどを挟んで形をキープするとほぐれた鼻緒の形のまま履くことができるのでお勧めの様です。

ミサトっ子草履でも痛がったら足袋ソックス!

socks

慣れない草履や鼻緒でもし子供が足を痛がった時は、足袋ソックスがお勧めです、普段の靴下と同じ感覚で履けるのできっと違和感なく草履を履くことができるかと思います。

足袋ソックスで足を覆うだけで鼻緒のところの痛み対策になりますし、少し寒い日なんかに良いです。

この足袋ソックスに草履のスタイルが子供がするとめちゃくちゃ可愛いんですよね!!

また裸足で鼻緒を掴むよりも掴みにくくなるので、足の指が鼻緒を掴む力が強くなり土踏まずの形成にも繋がる様な気がしますね。

子供用の足袋ソックス、調べて見たら女の子用や男の子用で結構種類がありました。

か、か、可愛すぎるーーーーー!!!

ミサトっ子草履、正しいサイズ選び

sandal

あとはシンプルに草履のサイズが合ってないと鼻緒ずれが起こる様なので草履のサイズ選びをきちんとすることが大事の様です。

基本的に普段履いている靴のサイズと同じで良い様ですがミサトっ子草履は、ぴったりなサイズを分かりやすくするための計算式を公開しています。購入前に足の長さを測っておけば、選ぶべきサイズも特定できます。

その計算式がこちらです。

【草履サイズ合わせの計算式】
つま先部分3cm+足の指の付け根からかかとまでの長さ+前坪部分1cm=全長(選ぶ草履のサイズ)

足の長さを測る時は、足の裏を地面に密着させるのがポイントです。

実際に草履を履いている時とほぼ同じ状態になるので、より正確に測れるそうです。

左右の足の大きさが違う場合、大きい方を基準に選ぶのが良い様です。小さい方に合わせてしまうと大きい方の足が鼻緒ずれを起こす可能性があるからだそうです。

足の長さを測る時の姿勢もまっすぐ立つことでより正確に測ることができるそうです〜