育児

【9月入学】2015年4月〜2015年8月生まれの子供が小学校受験で不利すぎる?!

child

『9月入学』が最近になって益々現実的になってきているような気がします。2021年度から本当に9月入学になりそうですね。ちょうどうちの下の子が現在年中さんでこの件に関してはとても気になります。

9月入学でも学年分断はありえない?

先日の記事でも『学年の区切り』について記載しましたが

http://reicherumama.com/archives/1882

最近のニュースを見ていると既に学校に通っている児童に関しては学年分断は起こらないようなことが多く書かれています。

確かに既に学校に通っている児童まで学年の区切りを変更してしまうと毎年4月〜8月生まれの子供の学年を繰り上げか繰り下げにしないといけなくなってしまいますので、新型コロナの影響で勉強の遅れを取り戻そうとするのに、繰り上げなんかできないですよね。

親としても学年分断だけはして欲しくないと願ってます。

9月入学で未就学児の学年の区切りはどうなるの?

問題はまだ未就学児達の学年です。

現在、年長さんの2014年4月〜2014年8月生まれの子供さんは保育園生活を最後の年をほとんど経験せずに2020年9月に入学となるのか!?

しかしこれはあまりにも時間がなさすぎるということで、可能性は低いようです。

一番可能性の高そうな現在年中さんの2015年4月〜2015年8月生まれの子供さんが2021年9月入学になるのか。

学年の区切りを1年づつ追加し6年間で整備するのか。

いろんな考えはあるようですがどこになっても現在の年長、年中さんにはなんらかの影響は出そうだということはわかります。

9月入学で小学校受験で現在の年中さんが不利?

もし一番可能性が高いとされる現在年中さんの2015年4月〜2015年8月生まれの子供さんが2021年9月入学になるとすれば幼稚園受験や小学校受験を考えているご家庭にとっては混乱するのではないでしょうか。試験自体も半年延びると考えると、小学校受験の試験は毎年9月〜11月頃ですので、それが半年延びるとすれば2月〜5月でお子さんにとっては体調管理が非常に難しい時期になってくるかと思います。

さらに現在年中さんの2015年4月〜2015年8月生まれの子供さんが来年の9月に小学校入学するとなると入試まで1年半あったはずの時間が来年の2月から5月が入試になるとすれば明らかに時間が足りません。

子供にとって半年の違いは非常に大きく、早生まれさんは幼い時期の成長の差をカバーするためにかなり前からご準備されているご家庭が多い印象でした。

早生まれさんを考慮に入れてくれる学校もあるようです!!

しかし現在年中さんの2015年4月〜2015年8月生まれの子供さんがもし来年9月に入学となると急すぎてお子さんにとっても非常に負担が大きくなるかと思います。

さらに2015年4月〜2015年8月生まれの子供さんは、現在の年長さんで既に小学校受験に向けて準備しているご家庭もあり、そのご家庭にとっては半年延びたのでその分余裕もできる部分もありそんなお子様がライバルになるのです。

しかし年長さんのご家庭にとっても小学校受験に対してスケジュールされていたかと思うのでそのスケジュールが延びるとすれば子供のモチベーション維持が大変にはなるかと思います。

小学校受験で詰め込みの勉強は意味あるの?

また幼い子供に短時間で詰め込みですることに意味があるのか??という疑問すら出てきます。小学校受験をするメリットは子供に勉強をさせて賢くするのではなく受験勉強を通して親の愛情や絆を強めて自己肯定感を育てるというところにあるのだと私は思います。

勝手な私の考えなの、一般的には違うかもしれないですが。。。

小学校受験を通していろんなことを学んで欲しいと考えているご家庭も多い中、急な詰め込み勉強を余儀なくされるのはあまりにも負担が大きいすぎますよね。。。