育児

小学校の上履き!選び方や購入時のポイントを徹底調査!

いよいよ小学校に入学するお子さんをお持ちのママさん、入学にそなえて準備するものに“上履きがありますよね。

今回は小学校で使う上履きのえらび方でポイントになる点をいくつかご紹介しますので参考にして頂けると嬉しいです!

また、子どもに楽しく上履きを洗ってもらうには?お母さんやお父さんの少しの気づかいで、自分からすすんで洗ってくれるようになるかもしれませんので、そこも併せてご紹介したいと思います!!

それでは早速どうぞー!!

小学校の上履きの選び方は?ポイントは?

まずは小学校の上履きの選び方、ポイントについてです。

最近は、スーパーとかに行くと上履きが各メーカーから発売されていて何が良いのか、本当わからないですよね〜

特に入学前だとどんな上履きが良いのか、周囲がどんな上履きを履いているのかなんてわからないですもんね。

そんなお悩みが少しでも解消できる様に小学校の上履きの選び方、ポイントについてまとめてみました。

小学校の上履きの選び方①やっぱり履きやすさ

小学校では長い時間上ぐつを履くことになるので、子どもの足に合ったもの、履きやすく動いても脱げないサイズをえらぶのが大切です。

具体的には、つま先に7〜10㎜程度の余裕がある方が子どもの足の成長を妨げないので良いそう。足に合っていない靴を長い間履いていると、外反母趾や扁平足の原因になるので注意が必要です。

小学校の上履きの選び方②コスパ大切

成長過程の子どもは足のサイズもすぐに大きくなります。それに活動量も多いので、上履きは黒くなるしボロボロになってしまいます。せっかく買ったのにすぐにサイズが合わなくなってしまうともったいない気がしますね。子どもの足に合った形とサイズをえらぶことは1番大切ですが、小学校のうちに何回も買い替えるものとしても考えていきたいです。

小学校の上履きの選び方③近くのスーパーで売ってる

上履き選びのポイントの中でも結構重要なのが『近くのスーパーで売っているかどうか』です。

学校の校区にあるスーパーに売っている上履きの場合は、その学校が推奨している上履きであることが多く、周囲も同じ上履きである可能性が高いです!!

また上履きを洗うのを忘れてしまった、底に穴が空いてしまった…など、長い小学校生活ではありえる話です。

そんな緊急時にも、家の近くで買った上履きなら助かりそうです。子どもにとっても履きなれている上ぐつがすぐに手に入るのが良いですね。​また​買い替える時は、前の上ぐつを緊急時のためにとっておくのも対策ですよ。

近くのスーパーに売っているかどうかは重要です!

小学校の上履きの選び方③かかとがしっかりしているか

学校によって体育館シューズと上ぐつが兼用のこともあります。その場合はもっと履く時間が長くなるので、しっかりした作りのものをえらぶことが大切です。子どもはかかとの部分が大人に比べて力がかかりにくいので、かかとの作りがしっかりとしているものは履きやすく運動もしやすいと思います。

しっかりしたものを選んでおくと、兄妹にも回すことができますよ。それもふまえて考えても良いですね。

小学校の上履きを洗うことから自己肯定感を育む!

幼稚園や保育園の時は親が洗ってたけど…ずっと親が洗い続けてもいいの?みんなはどうしてるのだろう…と気になったりしますよね。小学校入学の頃は、初めて親のそばを離れて自分の世界を作っていく時期だと言われています。

今までは親が子どもの全てだったのが、だんだんと自分の考えで行動し始め、親と子どもの関わり方が変化していきます。

この時期に始めるといいのが上履き洗い。自分で汚したものを自分で綺麗にすることで、自分の事は自分でやろうという、これから子どもが社会で生きていくのに大切な決まりを学ぶことができますよ。

上履きを洗うことで、自分にできることが増えるきっかけにもなりますし、親のお手伝いから自己肯定感が育まれるきっかけにもなりますよね〜

小学校を入学をきっかけにぜひ、お子さんに上履き洗いのお手伝いをお任せしてみて下さいね!!

そんな小学校の上履きの洗い方についてご紹介したいと思います。

小学校の上履きの洗い方!専用洗剤じゃないとだめ?

子どもにとって、洗浄力の強い洗剤は手が荒れてしまったりすることがあります。大人でも手でそのまま洗ってしまうとカサカサに…

ゴム手袋を付ければ大丈夫ですが、子どものサイズがなかなか見つからなかったり、付けたままだと綺麗に洗いにくかったりしますよね。

そこで、子どももそのまま手で洗えて安心な石鹸を使ってみるのはいかがでしょうか。

汚れがひどい時は酸素系漂白剤を少し入れると綺麗になりますよ

小学校の上履きの洗い方!つけ置きでも良いの?

校から帰ってきて、やっと一週間が終わり疲れた気分のまま上履きを洗うって、小学生からすればけっこう大変なことだと思います。

洗剤を作って入れるまで親がしてあげてもいいかもしれません。

洗うことに目的をしぼって、上ぐつを綺麗に洗ってもらいましょう。

洗剤の種類もいろいろあるので、つけ置きのいらない洗剤を選べば、子どももすぐに取りかかることができますね。

小学校の上履き!選び方や購入時のポイントを徹底調査!まとめ

成長期に入った子どもの大切な足を守ってくれる上履きは、実際に履いてみて、子どもの足に合ったものをえらぶ事ができれば良いですね。

上履き洗いは、自分のことを自分でできるようになる小学生時期にピッタリのお手伝い。

自分で洗った上ぐつは、親しみや愛着がわいてより大切に使ってくれるようになりますよね〜

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。