育児

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果は?何歳からがおすすめか徹底調査!!

boy

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果はやLaQ(ラキュー)は何歳から遊ぶのがおすすめなのか調査してみました!!

よく本屋さんや玩具屋さんでこのLaQ(ラキュー)がサンプルで置いていて子供達が夢中で遊ぶという光景を見られた方も多いのではないでしょうか!!

我が家の近くの本屋さんにもLaQ(ラキュー)のサンプルが置いてあり、子供たちがあまりにも集中して購入してみたのですが、本当に購入してよかったと思うおもちゃの一つです!!

そんなLaQ(ラキュー)の子供への知育効果について、また何歳から遊ぶのが進めかなどお調べしたので早速ご紹介しますね〜

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/右脳と左脳に与える効果

puzzle

LaQ(ラキュー)で遊ぶことで、お子さまの成長を育むさまざまな効果を期待できると言われています!!


パーツを組み立てる動作は、右脳と左脳の両方を刺激し、想像力や思考力の発達を促してくれる様です!!

LaQ(ラキュー)すご!!

LaQ(ラキュー)が右脳と左脳に与える効果は以下の通りです。

LaQが左脳に与える効果

  1. 集中力
  2. 倫理的、数学的思考
  3. 遊びを通じたコミュニケーション

LaQが右脳に与える効果

  1. 想像力、表現力
  2. 色彩感覚
  3. 達成感

特に右脳が司る長期記憶は、0~3歳の「右脳優位」の時に、右脳を鍛えることで、子供が本来持っている才能をより高めることができると考えられています。

その「右脳の力を引き出す」ことを目的とした幼児教育として有名な幼児教室をしては『七田チャイルドアカデミー』や『イクウェル チャイルドアカデミー』などがあります。

イクウェルと七田式の大きな違いや教材やレッスン内容を比較している記事が以下になりますので気になった方は是非チェックしてみて下さい!!

幼い時期の右脳教育って大事なんですね〜

]

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/算数の基本

No.

幼児期の学びは、日常の遊びの中で楽しみながら、手指を使って体験することが何より大切ですよね〜

幼児算数には「かず」「かたち」「すいり」がありますが、そのすべてをLaQ(ラキュー)で身に着けることが可能です。

「数の概念」「数量感」はもちろん、順番に並ぶ決まりを見つける「規則性」、順序立てて組み立てていく「論理的思考力」、平面パーツから立体図形をつくることで「空間認識力」が育てられるそうです!!

算数の基本ですね〜

そして、沢山考えていろいろ試行錯誤しながら、自分のイメージを自由に形にすることで「創造力」「想像力」も養うことができ、 子ども達は「あ~楽しかった。」「もっとやりたい」と言いながら、知らず知らずのうちに算数の基本を身に着けていけるおもちゃの様です!!

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/何歳からがおすすめ?

boy

LaQ(ラキュー)は基本的に5歳以上を対象年齢としているおもちゃです。

ただ作例の難易度によって3歳以上・7歳以上を対象とする商品もある様です!!

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/1段階下げて購入するのもお勧め

我が家の子供たちの場合、LaQ(ラキュー)は程よく難しいのが良い様で、苦戦していても自分で何とか作ろうとしていました。いつもならパズルなんかも難しいすぎると泣き出して『手伝ってーーーー』と言い出したり、できないことに腹立てて機嫌が悪くなったりで、せっかく買ったおもちゃが逆に大変な結果になったということはよくあります

LaQ(ラキュー)の場合は程よく難しいというのが自分でできそうだな、やってみたいなという気持ちになる様で説明書通りにできた時の達成感はすごい様です!!

我が家の子供達を見ていると対象年齢は1段階下げて購入するのがお勧めかと思いました。

対象年齢を1段階下げても十分難しいです。

ラキューは子供が達成感を実感するために1段階下げて購入するのがお勧めです

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/隠されたモデル

LaQ(ラキュー)には隠されたモデルがあるのです!!

例えばこちらのラキューミスティカルビーストワイバーンも対象年齢5歳で260ピースで前回購入した物と大差ない様な物です。本屋さんで気軽に購入できるサイズのものです。

そして『ラキューミスティカルビーストドラゴン』↓↓

なんとこの二つのドラゴンは合体できるんですよ!!!

しかも合体してどんなドラゴンが完成するかは影で隠されていて、作り方の説明書は同封されていません!!

この裏モデルというのが子供の好奇心をくすぐる様です!!

今回特別にその裏モデルのドラゴンがどんな感じになるのか見せちゃいますね!!!

『ラキューミスティカルビーストドラゴン』と『ラキューミスティカルビーストワイバーン』が合体するとどんなドラゴンになるかというとこちらのドラゴンになります↓↓

LaQ

合体ドラゴンめちゃくちゃかっこいい!!

説明書はこの二つのドラゴンの説明書にQRコードがあるのですがそれを読み取って説明書をダウンロードして作り方をプリントアウトする必要があります。せっせと携帯でQRコード読み取り、プリントアウトして『さあ作ろう!!!』となったのですが、流石に合体バージョンは難しいです!!

我が家の7歳の息子もかなり苦戦していて流石に私も手伝ったのですが2日ぐらいかかりました!!

息子のLaQ(ラキュー)を手伝うと言いながら、大人の私が本気で完成させたくなってたのですが気づいたら時間を忘れて夢中でした!!

ラキューは大人でも楽しめるおもちゃです!!

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果/プレゼントにおすすめ

present

LaQ(ラキュー)は、よくサンプルが本屋さんに置いてあるのをご存知の方も多いかと思います。

本屋さんに置いてあるLaQ(ラキュー)のサンプルから購入してみようかなと思われた方も多いと思うのですが、本屋さんに置いてあるLaQ(ラキュー)よりもピースがもっと多い商品はたくさん販売されています!!

LaQ(ラキュー)ベーシック511

『ラキューベーシック』は630ピース入っているので、子供の発想自由に作ることができるタイプです、こちらも対象年齢5歳のものです。

LaQ(ラキュー)ボーナスセット2019

さらにピースが多い1200ピース入りの『ラキューボーナスセット』というものもあります。100種類のモデルが作成できる様です。

これは凄すぎる!!ラキューボーナスセット!!子供が作りたいものを自由に作れるし、大勢で遊べそうですね!!

でもここまでくると気軽に購入できないので、クリスマスプレゼントやお誕生日プレゼントにはめちゃくちゃ良さそうです。

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果は?何歳からがおすすめか徹底調査!!まとめ

LaQ(ラキュー)の子供への知育効果について、またLaQ(ラキュー)は何歳からがおすすめかなどをご紹介しました!!

LaQ(ラキュー)は右脳を左脳に良いと言われていますが、幼い時期の右脳の教育というのは幼児教室でもどこでも取り入れられていますよね〜

その代表的なおもちゃとしてLaQ(ラキュー)があるのですが、同じくパズルゲームとして『タングラム 』というものもおすすめです!!

『タングラム 』は幼児教室でも授業に取り入れられているところも多く、注目されています!!

タングラムにしてもLaQ(ラキュー)にしても子供がおもちゃとして夢中に遊びながら知育効果があれば良いですよね〜

皆様の参考になれば嬉しいです!!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。