話題

泣くな研修医/第1話あらすじネタバレと感想、第2話の予想

『泣くな研修医』第1話のあらすじネタバレと感想、そして第2話のあらすじを予想してみました!!

2021年、注目の春ドラマ『泣くな研修医』スタートしましたね〜

主人公の雨野隆治役を演じている白濱亜嵐さんの白衣姿は眩しすぎましたね〜笑

キラキラしてましたわ〜

泣くな研修医というタイトル通り、敏腕外科医などではなくて、医者になりたての研修医が主人公ということで見ていてとっても応援したくなる様な気持ちになりました。

ではでは『泣くな研修医』第1話のあらすじネタバレと感想、そして第2話のあらすじを予想をご紹介しますね!!

泣くな研修医/第1話あらすじネタバレ

画像

最初のシーンは佐藤玲先生が(主人公の雨野隆治の指導医)が医大生に『研修医』というものはどんな役割かを伝えているところからスタートします。

研修医は「兵隊」「伝書鳩」「さすまた」

研修医は「兵隊」「伝書鳩」「さすまた」と言われ、医師たちが機嫌良く仕事ができるようにするため、サポートという名の雑用をこなものだとか、仲の悪い医者同士の伝達を伝える伝書鳩だとか、ややこしい患者さんのところへ真っ先に駆け付けてさすまたの様に壁になるなどを説明していました。

『1日も早く一人前の医師になる』という目標

次に、主人公・隆治が救急患者の対応をしているシーンになります。

救急患者を前にしても隆治はうろたえるばかりで、何もできないどころか器材をばらまいてしまう始末です。

挙句、患者さんの名前の感じも読むこともできず、点滴するやり方すら忘れてしまい本当に何もできずにその場にいるだけの様子です。

そんな仲、指導医の佐藤玲先生が患者への問診を腰を叩くだけで『尿管結石』と判断し全て処置して対応を終えていました。

その様子を同期研修医の川村、滝谷、くるみに自慢そうに語りますが、その後、早期のくるみにドライヤーを勝手に使用したと激怒されていました

隆治のディスクには『1日も早く一人前の医師になる』という目標が書いてある紙が貼ってありますが、なぜ早く一人前になりたいかと同期に聞かれていますがはっきりと理由は言いませんでした。

何か深い理由があるのでしょうね〜

自惚れを潰されて医者になっていく

ある日、14歳の女の子が母親に付き添われながら、腹痛で救急外来にやってくるのですが、すぐに隆治はアッペと診断します。

しかし佐藤先生からは妊娠も疑われるのでは?と言われとても隆治はびっくりします。

結局アッペだったのですがその後のカンファレンスで女の子のアッペ手術の執刀医に隆治が抜擢されます。

初めてのオペということで隆治は喜び、手術の確認、縫合の練習など準備に没頭します。そんな最中、緊急で来て欲しいと隆治のところへ連絡がきます。

急いで行くと何と川村と滝谷が取っ組み合いのケンカを起こしていました。

一人の患者さんの件で、意見の食い違いがありケンカになった様ですが隆治はそのケンカの仲裁に入ります。

しかし、仲裁に入った時にあまりにも見当違いのことを言い出して二人に呆れられてしまいます。

14歳の女の子のアッペ手術の日。隆治はあまりにも緊張しオペ前の挨拶でかみかみで上手く話すことすらできなくなっていました。

そしていよいよお腹を切ろうとしたその時に看護師さんから『はい、そこまで』と言われ失投を佐藤先生に交代する様に言われる。

隆治は何が何だかわかっていない状態でオペは終了します。

その後、執刀を指示した岩井先生のところへ事情を聞きに行くと今回の件は『岩井スペシャル』という研修医を試すドッキリだったと聞かされます。

そして最後に岩井先生から『お前の自惚れは俺は嫌いじゃない、自惚れを潰されて医者になっていくんだ』と言われます。

今回の件で自分の不甲斐なさを痛感した隆治は落ち込み医局へ戻ります。

落ち込みを隠せない隆治を励ますのは同期のメンバーたちです。

そして川村と滝谷も以前の喧嘩の件も和解し穏やかな雰囲気になります。

そんな仲、またも隆治の携帯が鳴り。。。。

というところで1話は終了しております。

泣くな研修医/第1話の感想

画像

泣くな研修医の第1話、話のテンポが良くてサクサク進んでいく感じです。

ドラマの放送時間が30分なのであまり余計なシーンはない感じですね〜

それにしても白濱亜嵐さんの白衣姿はキラッキラで眩しいです!!(2回目)

そして佐藤玲先生はめちゃくちゃ怖いです

でも本当の医療現場って特に救急外来なんかじゃ人の命と直面しているのだからもっと怖いのだろうなと想像してしまいました。

そして隆治の『1日も早く一人前の医師になる』という本当の理由は何なのか、気になりますよね。と言っても原作を読んでその辺はご存知の方も多いかと思いますが。。。

『泣くな研修医』の1話を見て率直な感想ですが『30分は短いわ〜』と思いました。それぐらい面白かったです。

専門用語とかも出てきてめちゃくちゃリアリティあります!!

泣くな研修医/第2話の予想

第1話の最後に隆治のところへきた連絡が『救急要請』だった様で親子3人が乗っていた車が高速道路で事故に遭い、10歳の男の子山下琢磨くんが腹壁破裂の重症で運ばれてきます。

ここで琢磨くんに出会うのですね!!

1話同様に苦しむ拓磨くんを前にしても、周りの先輩医師や看護師がきびきび動くなか何もできず、いいのは返事だけという状況になります。

こんな状況の日々で隆治自身、現状を理解しているけど悩みながらも母親に心配をかけないため、元気で頑張っているとメールをしたりします。

琢磨くんの容態はどうなるのでしょうか。。。

という内容が次の第2話になりますが、その琢磨くんとの出会いが今後の隆治の決意のキーマンになる予定です。

この後のストーリーでも登場する予定です。

泣くな研修医/第1話あらすじネタバレと感想、第2話の予想まとめ

画像

泣くな研修医の第1話あらすじネタバレと感想、そして第2話予想、いかがだったでしょうか!!

泣くな研修医の作者の中山裕次郎先生は現在も現役の医者ということもあって内容はめちゃくちゃリアリティ溢れる内容でしたよね〜

中山裕次郎さんについては以下の記事でまとめてみたので是非チェックしてみてください!!

『泣くな研修医』次の第2話も楽しみすぎますね〜

皆様の参考になれば嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。